加齢 髪 乾燥 パサパサ 原因 対策

加齢が原因の髪の乾燥の悩み。パサパサを改善する方法はこれ!

パサついた髪の改善方法って?

 

40代、50代の女性の髪の悩みでもトップクラスに入るのでは?という、「髪の乾燥・パサつき」の悩み。

 

年齢とともに髪が弱り、細くなっているせいで表面が傷つきやすく、内部に蓄えている潤いが逃げて行ってしまっているのが原因です。

 

パサパサ髪は毎日のヘアケアで保湿するのが大事

 

加齢で弱っている髪は外部刺激に弱いです。洗浄力の強すぎるシャンプーだと髪も頭皮も傷めてしまいます。

 

キューティクルが傷ついた髪の隙間から水分が逃げてしまったり、脱脂力が強すぎて頭皮が乾燥し、弱って細い毛しか生えなくなったりします。。

 

若い頃と同じヘアケアではもう通用しません。年齢に応じたケアが必要です。アラフォー・アラフィフの髪と頭皮は充分にいたわりながら洗ってあげましょう。

 

髪のエイジングケアを重視するなら、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーがおすすめ

 

アミノ酸は髪の毛を構成している「たんぱく質」の材料になっている成分です。アミノ酸系シャンプーはマイルドな洗い心地で保湿効果も期待できる!

 

毎日使うことで乾燥してパサパサの髪を少しずつケアしてくれます。

 

どんなアミノ酸系シャンプーがいいの?

 

「髪のアンチエイジングしたい!」って思ったら、アミノ酸系のシャンプーが髪と頭皮にやさしいです。でも、ただ「優しい」ってだけでは不十分。パサつきを積極的にケアしていきたいですよね。

 

それには、洗浄成分がアミノ酸系というだけではなく、さらに保湿してくれる成分もプラスされているものがおすすめ。

 

当サイトで乾燥髪におすすめはリマーユ!馬油配合の保湿系シャンプー&トリートメントです♪
リマーユでつやつやになった私の髪
*リマーユ使用後の管理人の髪

 

管理人のリマーユ体験談はこっち!

パサつきが気になる人におすすめのアミノ酸シャンプーランキングはこちら

 

仕上げにアウトバストリートメントで蓋をしてあげる

 

アミノ酸系シャンプーとコンディショナーで潤いを補給してあげたら、内部の水分を逃がさないよう仕上げに蓋をしてあげましょう。

 

お風呂あがりにつける「アウトバストリートメント」が効果大!

 

アウトバストリートメントはオイル系の油分が多いものが多いけど、油分は表面の保護はできても内部の補修までは期待できません。アラフォー世代のパサつき髪には、それだけでは物足りないと思いませんか?

 

当サイトオススメのアウトバストリートメントは、内部補修&紫外線防護&手触りアップの優れもの「リシリッチ」です☆雑誌等でも話題だったので私も使ってみました。

 

リシリッチを使ってみた感想と口コミ

 

コチラの記事で詳しくレビューしています!ぜひごらん下さいね♪⇒リシリッチの口コミと管理人が使ってみた感想

 


アラフォー以降に髪が乾燥してパサついてしまうのはなぜ?詳しく解説!

髪の乾燥、どう防ぐ?

 

40代50代の女性の髪、パサつきが目立つ人が多いですよね・・。

 

若い女性のようなツヤツヤの髪に戻りたい!なのに、なんだか乾燥してパサパサ・・。触った感じもゴワゴワしてて、すごくがっかりしますよね(´・ω・`)

 

そもそも、年を取るごとに乾燥してパサパサの髪になってしまうのはナゼなんでしょう?

 

加齢で髪がパサパサになる原因

年齢とともに体の水分量が減っていくから

 

人間の体の水分量は、年齢を重ねるごとに減っていきます。赤ちゃんの頃は実に90%が水分だったのが、成人で60%ほど。60代になる頃には50%近くにまで減ってしまいます。30〜40代はその中間より少し後ろでしょうか。でも、20代の頃よりは確実に水分量が少なくなります。

 

加齢で肌に潤いが無くなりたるんでいくのと同様、髪も潤いを失って劣化して行きます。

 

健康的で美しい髪は12〜13%の水分が含まれているのに、パサついた髪には7%以下しか含まれていないのだとか。

 

カラーやパーマの増加が余計に乾燥させてしまうから

アラフォー世代になると、白髪が増えてくる人も多いですよね。また、髪が弱ってうねりも出てくるのもこのころ。

 

白髪を頻繁に染めたり、縮毛矯正やパーマでうねりをごまかしたり。なーんてことも増えてきます。

 

白髪染めや縮毛強制・パーマは弱った髪には当然ダメージが大きく、余計に乾燥させてしまいます。

 

乾燥して髪に潤いを失うと髪の内部に栄養が行き渡らず、毎日のシャンプーやヘアスタイリングなどの刺激でも髪が傷んでしまい、さらに潤い成分が逃げていってしまうという悪循環に。

 

ダメージやパサつきが酷く、アラフォー以降になると髪を短めに切ってしまう女性も多いですよね。きれいな髪を長く伸ばしたいなら、肌と同様に髪の水分保持にも気を配ってあげたいものです。

 


page top